Topics

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍岡文夫教授の特別講義(7/31)

Special Lecture by Prof. Tatsuoka
"Collapse of soil structures by recent natural disasters in Japan, their restoration and design"
龍岡文夫教授の特別講義
"最近の日本の自然災害による土構造物の崩壊 -修復と設計-"

Prof. Fumio Tatsuoka of Tokyo University of Science (Visiting Professor of GRIS) will kindly give a special lecture as below in English.


Date & Time: 14:40-17:50, July 31 (Wed)
日時:7月31日(水) 14:40-17:50
Place: Seminar Room, 3rd Floor, GRIS
場所:地圏科学研究センター3Fセミナー室


ProTatsuoka.jpg


Contents
1. Behaviour of retaining walls during recent earthquakes:
- Conventional type RWs vs. GRS RWs
- Staged construction and full-height rigid facing for GRS RWs
- Shaking table tests and some case histories
- Seismic design of RWs for railways
2. GRS integral bridge, integrating a girder, facings & reinforced backfill
3. Collapse of soil structures by water
- Break of irrigation dams during an earthquake and countermeasures
- Collapse by floods, heavy rains & storms and reconstruction
- Collapse by tsunami and reconstruction
4. Concluding remarks
- Some lessons for design against extreme conditions


Reference materials for this lecture can be downloaded from the GRIS web.(GRIS IP is required)
Text1 (PDF:25MB)
Text2 (PDF:3MB)
Text3 (PDF:1MB)
Text4 (ZIP:71MB)
スポンサーサイト

地圏科学研究センター年報 第12巻(平成24年度)

地圏科学研究センター年報 第12巻(平成24年度)を公開しました.
http://www.saitama-u.ac.jp/gris/AnnualReport/2013/nenpo12.pdf

[東日本大震災に学び,未来へ活かす]
第I部 地圏科学研究センターの活動概要
第II部 平成24年度研究報告
第III部 センターの対外活動等
第IV部 研究・社会活動等資料
第V部 付録
nenpo2013.jpg

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。